新橋スリープ・メンタルクリニック

症状と治療

【このような症状でお困りの方は当院へご相談下さい】
(ストレス)
・仕事や家庭、生活の中に強いストレスを感じている
・勤務先や職場の環境が変わってから気分が落ち込む、やる気が出ない
・出勤途中で吐き気やめまい、動悸がする
・家族や人間関係のストレスで、イライラする、涙が出ることがある
・病気を患ってしまいそのことを考えると不安で仕方がない
・次の日の仕事のことを考えると眠れない、不安になる

(睡眠)
・夜十分に眠っているのに日中に強い眠気を生じる
・仕事中など、自分では気付かないうちに寝てしまっている
・寝付きが悪い、寝ている間に何度も目が覚める
・眠れないことが怖い
・現在飲んでいる睡眠薬を減らしたい
・眠れずにベッドの中で身体が緊張してしまっている
・寝ている間に呼吸がしばしば止まる、大きないびきをかく
・望ましい時間帯に寝付けない、起床できない
・睡眠が原因で学校に行けない
・夜間睡眠中のはっきりとした寝言や異常な運動
・夜間、足を中心に不快な感覚が生じ、このために寝付けない。夜中に目が覚める。
・時差ボケ

(注意、集中、眠気)
・気が散って集中しにくい。集中し続けることが難しい
・不注意
・整理整頓が苦手、忘れ物やなくし物が多い
・興味のない作業や、静かにしていると眠くなってしまって困る
・好不調に波があり日常生活に支障がある
・十分に寝ているのに日中に眠気がある、夜遅くならないと眠くならない

(身体の色々な症状)
・頭痛、めまい、ふらつき、耳鳴り、のどが詰まった感じ、下痢、動悸、息切れ、病院で検査しても異常がない

(気分)
・気分が一日中ずっと落ち込んでいる
・意欲が出ない、食欲が出ない
・朝に気分が落ち込んでいて、起き上がることが難しい
・以前は楽しめたものが、楽しく思えない
・気分が高揚する、お金を使い過ぎてしまう
・(気分に問題を感じていて)寝付けない、朝早く目が覚めてしまう
・朝に気分が落ち込んでいて、起き上がることが難しい

(不安)
・電車や飛行機の中、もしくは人ごみで強い不安に襲われる
・大勢の前で話をするときに極度に緊張してしまう
・ガスの元栓や戸締まりの確認を何度もしてしまう
・(突然に)呼吸が苦しくなり、手の痺れや、汗などが出現する
・身体の発作が出るのではないかと不安になる

(頭の中が苦しい、怖い感じがする)
・いつも誰かに見られている感じがする
・誰もいないのに話し声が聞こえる
・考えが次々に浮かんで頭の中が苦しい
・誰かに狙われている、嫌がらせをされる

(物忘れ)
・物忘れがある、家族から指摘される
・覚えることができない、覚えてもすぐに忘れてしまう
・ぼんやりしてしまう
・やる気が出ない
・色々なことに、興味がなくなった

【当クリニックで行う検査とCPAP治療】
・睡眠時無呼吸症候群簡易検査(スマートウォッチ):睡眠中の鼻呼吸、いびき、動脈血酸素飽和度などを自宅で記録し、睡眠時無呼吸症候群の評価に用います。この検査により睡眠時無呼吸症候群が疑われた場合、必要に応じて慈恵医大などの施設で夜間の睡眠脳波検査を行います。

  [スマートウォッチ写真] 画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧いただけます。
   スマートウォッチ写真

・経鼻的持続陽圧治療器(CPAP)とは:Continuous Positive Airway Pressure  CPAP装置からホース、マスクを介して、加圧した空気を気道へ送り、睡眠中の気道閉塞を防ぎます。圧力の設定は、呼吸状態により装置内蔵のセンサーで圧力を自動的に調整するもの(オートCPAP)と、一定の圧力を持続的に送る方法があります。当院では、医師の処方にて圧力の設定を行います。

  [CPAP写真] 画像をクリックしていただくと、拡大画像をご覧いただけます。
   CPAP写真